会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【前払金(まえばらいきん)/前渡金とは?】勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
この記事は約2分で読めます。

今回は資産の勘定科目「前払金(まえばらいきん)」についてご紹介します。

前払金(まえばらいきん)とは?

「前払金(まえばらいきん)」とは「商品やサービスを購入する際に一時的に支払う金額」を計上するための勘定科目です。同じような勘定科目で「前渡金」もあります。

前払金は資産(流動資産)の科目となります。

「前払金」が増加したときは「借方」に記載します。

「前払金」が減少したときは「貸方」に記載します。

前払金(まえばらいきん)の詳細

前払金は「お金を支払っているので負債になるのでは…?」となりそうな気がしますが、一時的に支払っている金額で、後ほど商品として戻ってくるため、資産の増加となるようです。

「車購入時の頭金」「仕入れ時の手付金」など、一時的に支払う費用です。

売掛金と混同しそうですが、売掛金は「後日お金を受け取ることができる権利」、前払金は「後日商品を受け取ることができる権利」という違いがあります。

前払金(まえばらいきん)の仕訳例

仕入れのための商品代金の一部30,000円を仕入先に現金で支払った。

借方科目金額貸方科目金額
前受金30,000現金30,000

商品を仕入れて前受金以外の残金270,000円は現金で支払った。

借方科目金額貸方科目金額
仕入300,000現金270,000
前受金30,000
タイトルとURLをコピーしました