会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【仮払法人税等(かりばらいほうじんぜいとう)とは?】勘定科目について|簿記

Boki(簿記)
この記事は約2分で読めます。

今回は資産の勘定科目「仮払法人税等(かりばらいほうじんぜいとう)」について。

仮払法人税等(かりばらいほうじんぜいとう)とは?

「仮払法人税等」とは、法人税等(法人税・法人住民税・事業税)の仮払税金に使われる勘定科目です。

仮払法人税等は資産の科目となります。

「仮払法人税等」が増加したときは「借方」に記載します。

「仮払法人税等」が減少したときは「貸方」に記載します。

仮払法人税等(かりばらいほうじんぜいとう)の詳細

仮払法人税等は、法人税等(法人税・法人住民税・事業税)の仮払税金に使われます。

法人税等には「法人税(法人所得税)」「法人住民税」「法人事業税」など、様々な税金があります。

仮払法人税等(かりばらいほうじんぜいとう)の仕訳例

予定申告または中間申告で仮払法人税等の100万円を納付した。代金は普通預金で支払った。

借方科目金額貸方科目金額
仮払法人税等1,000,000普通預金1,000,000

決算が終わり当期の利益が確定した。確定した法人税等が120万円となり、中間申告で100万円を納付していたので、残りの未払法人税等20万円を支払った。

借方科目金額貸方科目金額
法人税等1,000,000仮払法人税等1,000,000
法人税等200,000未払法人税等200,000
タイトルとURLをコピーしました