会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【仮払金(かりばらいきん)とは?】勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
この記事は約1分で読めます。

今回は資産の勘定科目「仮払金(かりばらいきん)」についてご紹介します。

仮払金(かりばらいきん)とは?

「仮払金(かりばらいきん)」とは「内容や金額が確定していないものに対して先に従業員等に一時的に支払っておく金銭」を計上するための勘定科目です。

仮払金は資産(流動資産)の科目となります。

「仮払金」が増加したときは「借方」に記載します。

「仮払金」が減少したときは「貸方」に記載します。

仮払金(かりばらいきん)の詳細

仮払金は「お金を支払っているので負債になるのでは…?」となりそうな気がしますが、一時的に支払っている金額で後ほど戻ってくるため、資産の増加となります。

仮払金(かりばらいきん)の仕訳例

出張費用として、現金10万円を従業員に渡した。

借方科目金額貸方科目金額
仮払金100,000現金100,000

社員が出張から帰り、仮払金を精算した。

借方科目金額貸方科目金額
旅費交通費80,000仮払金100,000
仮払消費税等8,000
現金12,000
タイトルとURLをコピーしました