URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

 【立替金(たてかえきん)とは?】勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)

今回は資産の勘定科目「立替金(たてかえきん)」について。

立替金(たてかえきん)とは?

「立替金(たてかえきん)」とは「本来、社員や取引業者が支払うような金銭を会社の方で先に立て替えて支払った金銭」を計上するための勘定科目です。

例えば、取引業者と旅行に行った際の(取引業者が支払うべき金銭を)立替して支払った場合などに仕訳されます。

立替金は資産(流動資産)の科目となります。

「立替金」が増加したときは「借方」に記載します。

「立替金」が減少したときは「貸方」に記載します。

立替金(たてかえきん)の詳細

[rml_read_more]

立替金は「先に会社の方で支払い(従業員や取引先が支払う費用を会社が一時的に立て替え)をして後に回収をする」といった流れが発生するため、2回の仕訳が発生します。

立替金(たてかえきん)の仕訳例

取引先業者の旅費10万円を現金にて立替払いした。

借方科目金額貸方科目金額
立替金100,000現金100,000

先日立替払いした取引業者の旅費を回収した。

借方科目金額貸方科目金額
現金100,000立替金100,000
会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら