スキルアップを始める

 【受取商品券(うけとりしょうひんけん)とは?】勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

今回は資産の勘定科目「受取商品券(うけとりしょうひんけん)」について。

受取商品券(うけとりしょうひんけん)とは?

「受取商品券(うけとりしょうひんけん)」とは「店頭などで受け取った他社発行の商品券(百貨店の商品券など)」を計上するための勘定科目です。

受取商品券は資産(流動資産)の科目となります。

「受取商品券」が増加したときは「借方」に記載します。

「受取商品券」が減少したときは「貸方」に記載します。

受取商品券(うけとりしょうひんけん)の詳細

[rml_read_more]

受取商品券とは、例えば百貨店の商品券、ギフトカードなどです。

他社で発行された商品券を使って店頭で支払いをした場合などが考えられます。

受取商品券(うけとりしょうひんけん)の仕訳例

商品30,000円分を売り上げ、代金は商品券で受け取った。

借方科目金額貸方科目金額
受取商品券30,000売上30,000

商品券30,000円分を発行元に渡し、代金は現金で受け取った。

借方科目金額貸方科目金額
現金30,000受取商品券30,000
会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら