スキルアップを始める

 【資本金(しほんきん)】純資産の勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

今回は、純資産の勘定科目「資本金(しほんきん)」について見ていきます。

「資本金(しほんきん)」とは?

「資本金(しほんきん)」とは「会社が設立される際に出資者から調達する資金」に使われる勘定科目です。増加した場合は「純資産」の科目となります。

「資本金」が増加したときは「貸方」に記載します。

「資本金」が減少したときは「借方」に記載します。

資本金(しほんきん)の詳細

資本金とは、企業が設立された際に、株主から出資を受け取る金額のことを指します。つまり、企業の所有者である株主が、企業を立ち上げるために出資した金額の総額です。

資本金は、企業が持つ資産の一部であり、企業の財務基盤を支える重要な要素の1つです。資本金は、企業の規模や業種によって異なりますが、資本金が多いほど企業の信用力が高まり、融資を受けやすくなる傾向があります。

[rml_read_more]

なお、資本金は企業が設立された際に出資される金額ですが、後に増資や減資が行われることもあります。

増資は、新しい株式を発行して資本金を増やすことで、企業の資金調達を図る方法です。

一方で、減資は、既存の株主から株式を買い戻すことで、資本金を減らすことです。

資本金は、企業経営において非常に重要な役割を果たします。適切な資本金を維持することで、企業の成長や事業拡大を支援することができます。また、資本金の増減によって、企業の財務状況や信用力にも影響するため、適切な判断が必要です。

資本金は、純資産>「資本金」に分類されます。

  • 純資産
    • 資本金
    • 資本剰余金
      • 資本準備金
      • その他資本剰余金
    • 利益剰余金
      • 利益準備金
      • その他利益剰余金
        • 任意積立金
        • 繰越利益剰余金
  • 自己株式
  • 評価・換算差額等
  • 新株予約権

資本金(しほんきん)の仕訳例

現金を元手に資本金300万円で会社を設立した。

借方科目金額貸方科目金額
現金3,000,000資本金3,000,000
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら