会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【ストループ効果】ふたつの情報が干渉しあうことで起こる矛盾効果

Marketing(マーケティング)
この記事は約1分で読めます。

ふたつの情報が干渉しあうことで起こる矛盾効果を「ストループ効果(Stroop effect)」と呼びます。心理学者ジョン・ストループ氏によって報告されたことから「ストループ効果」と呼ばれています。

ストループ効果の例

下記の文字を、1文字ずつ上から順番に声に出して読んでみてください。

おそらく、脳が混乱して、詰まったのではないでしょうか(そうでもないですか?笑)。

まとめ

このように、脳が「色」と「文字」を別々に認識することで、一瞬矛盾が生じてしまい、スムーズに文字が読めないような効果を「ストループ効果」といいます。

マーケティングの世界でも見た目と内容を合わせることの重要さが、この効果を見るだけでも分かる気がします。

タイトルとURLをコピーしました