URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

 【手形借入金(てがたかりいれきん)】負債の勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)

負債の勘定科目「手形借入金(てがたかりいれきん)」について。

「手形借入金(てがたかりいれきん)」とは?

「手形借入金(てがたかりいれきん)」とは「手形を渡してお金を借りた」時に使われる勘定科目です。手形借入金は負債の科目となります。

「手形借入金」が増加したときは「貸方」に記載します。

「手形借入金」が減少したときは「借方」に記載します。

手形借入金(てがたかりいれきん)の詳細

手形借入金とは、約束手形を渡してお金を借りる時に使います。あとで返済をしないといけない金銭なので貸方に入ります。

反対に、約束手形を受け取ってお金を貸した場合は「手形貸付金」となり資産の勘定科目になります。

[rml_read_more]

「手形借入金」…約束手形を渡してお金を借りた。

「手形貸付金」…約束手形を受け取ってお金を貸した。

手形借入金(てがたかりいれきん)の仕訳例

A社は、B社から現金1,000,000円を借り入れ、約束手形を振り出した。

借方科目金額貸方科目金額
現金1,000,000手形借入金1,000,000

返済日となったので、A社はB社に手形借入金1,000,000円を返済し、利息とともに現金で支払った。年利率は10%、借入期間は12ヶ月であった。

借方科目金額貸方科目金額
手形借入金1,000,000 現金1,100,000
支払利息100,000
会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら